東大寺南大門 俊乗房重源と運慶・快慶の共演

東大寺の南大門にやってきました。日本で最大の木造の門といえばこの南大門です。

とてつもない大きさで毎回圧倒されます。大きさだけでなく大仏様の豪快な構造もこの門の魅力になっています。

東大寺は多くの建築物がありますが、また追って記事にしていきたいと思います。

東大寺の歴史

東大寺は奈良時代に聖武天皇によって発願され、国の総力をかけて建立されました。

奈良時代の東大寺は大仏殿(金堂)のほかにも、高さ約70mにも及ぶ東塔、西塔があり、とても巨大な伽藍でした。

創建後種々の災害などで焼失した建物もありますが、治承四年(1180年)の平重衡の南都焼き討ちにより、伽藍の主要な建造物が消失してしまいました。

平重衡の焼き討ち後の東大寺は、俊乗房重源が大勧進をして再建されました。

東大寺は財政的に豊かではなかったようで、すぐに再建とはいかず再建の途中で重源は永眠しその後、栄西が引き継いで再建していきました。

俊乗房重源

俊乗房重源(1121-1206)は醍醐寺で出家した僧で、三度も宋に訪れ、宋で建築の技術を習得したと言われています。

当時中国で行われていた建築様式を輸入し重源がアレンジしてできた様式を大仏様(天竺様)といいます。

東大寺の再建にはこの大仏様が採用されています。重源が携わった東大寺の建築物で残っているのはこの南大門だけです。

重源は東大寺の大勧進職に任命された後、自ら資金集め、資材集めに奔走したそうです。

東大寺の復興に尽力した重源の座像が東大寺の俊乗堂にあり、毎年2回公開されています。魂が乗り移ったかのような座像です。

南大門の概要

南大門は桁行五間、梁間二間、三戸(人が通る部分)、入母屋造り、本瓦葺きとなっています。

高さは基壇の上から約25m、柱の長さが約21mもあり、とてつもなく大きな門です。

現在の建築基準法で木造建築物は、高さ13m、軒高9mと規制されていますが、高さはほぼ倍になっています。約800年も前の建築物ですが、大きさのみならずその技術にも圧倒されます。

南大門には入り口に向かって右に吽形像左に阿形像が配置されています。

この配置は通常とは逆になっています。

阿形像、吽形像は運慶、快慶などの仏師が約2か月で造立したものといわれています。

門単体でも迫力がありますが、この仁王像があることで、より一層この門の迫力が増強されています。

阿形像 入口に向かって左

吽形像 入口に向かって右

日本最古の狛犬

門の北側には石の狛犬があります。この狛犬は日本最古の狛犬だそうです。

神社でよく見る狛犬とは表情が違います。飾りの彫刻も細かく素晴らしいです。

大仏様とは?

重源が関わった建築物で残っているのは、この南大門と兵庫県小野市にある浄土寺浄土堂のみになります。浄土寺浄土堂も大仏様で造られています。

南大門では構造が露わになっているので、構造の特徴が理解しやすいです。

大仏様の特徴

    • 隅の垂木が扇垂木(おうぎたるき)になっている
    • 垂木の先端に鼻隠しがついている
    • 軒先の下がりを防ぐために遊離尾垂木(ゆうりおだるき)が入っている
    • 木鼻の先端にくり型がついている
    • 柱が通柱になっている(柱頭に組み物がない)
    • 柱を貫でつなげている(貫は鎌倉時代から登場する技術です)
    • 柱に肘木が挿し肘木になっている

等の特徴があります。

大仏様が採用されている建築物はこの南大門と大仏殿、浄土寺浄土堂、と東寺(教王護国寺)の金堂(和様と大仏様の併用)などがあります。

他にも部分的に大仏様が採用されていたりする建築物もあります。

断面図がないとわかりにくいですが、大仏様の説明と、南大門の魅力を写真で解説していこうと思います。

南大門 各部の写真

上記画像は軒先の角部分です。隅垂木が扇になっているのがわかります。ものすごく簡素で豪快な軒先です。

垂木の先端に板がついているのがわかるでしょうか。これが鼻隠しです。垂木の先端がみえないので、軒先がすっきりとみえます。

意匠的な意味合いと垂木の小口を守るという二つの意味があるように思います。

下から4本目の肘木にくり型がついています。

下から2本目、4本目、7本目の肘木が柱を貫通して通し肘木になっています。下から3本目、6本目の肘木の上に鉄輪が補強で入っています。ところどころ上記のように鉄で補強している部分があります。

南大門を下から見上げると直線的な美しさがあります。

上記の画像は真ん中の列の柱を見上げた写真です。

まるい穴が開いた部材が二つみえますが、これは藁座(わらざ)と言って建具の軸が収まる部材です。今は扉はありませんが、昔は扉がついていたようです。今はどこかに保管しているのでしょうか。

鉄の補強部分

柱の下から1mくらいのところに貫が入っています。この貫の技術(道具)がなければこの南大門もこの構造ではできなかったのではと思います。

内部は天井がないので、構造がよくわかります。

このすいこまれそうな上部の空間がたまりません。

さいごに

東大寺の南大門いかがだったでしょうか。

この南大門はいつも圧倒されます。南大門は私が好きな建築物でも上位に入っているので、この門だけでもすぐ時間がたってしまいます。

この場所は観光客と鹿が多いので、人のいない写真を撮るのは至難の業です。朝早くいったら人も少ないかもしれません。

東大寺拝観時間と行き方

東大寺の最寄駅は近鉄奈良駅が最寄駅となっています。徒歩で約20分くらいです。

奈良公園を散策しなが向かうのがおすすめです。

拝観時間は季節によってかわります。(2019年9月現在)

4~10月は 7:30~17:30

11~3月は 8:00~17:00