法隆寺の建築群の見どころを解説 図解付き 南大門、西円堂、聖霊院編

奈良県斑鳩町にある法隆寺は、世界最古の木造建築物があり、世界遺産にも登録されています。境内は西院、東院と大きく2つに分かれています。西院伽藍の金堂、五重塔、廻廊は飛鳥様式で法隆寺の中でも最も古い建築物です。法隆寺は規模が大きいので3回に分けて紹介していこうと思います。この記事は、主に南大門、西円堂、三経院、聖霊院、綱封蔵、食堂について書いていきます。法隆寺の素晴らしい建築について伝えていければと思っています。

五重塔・金堂・法隆寺の創建についてはこちら↓ 
法隆寺の建築群の見どころを解説 図解付き 金堂・五重塔・廻廊編

夢殿・東院はこちら↓
法隆寺の建築群の見どころを解説 夢殿、東院の鐘楼編


境内のあんない

法隆寺の境内は下記のようになっています。境内への入口は南大門がメインの入り口になります。チケットが必要なのは西院伽藍、大宝蔵院、夢殿のある東院です。チケットは西院伽藍の入口)で購入できます。


南大門 国宝 室町時代

南大門を南側からみる

南大門はもともとは中門の前に建てられていましたが、子院(お坊さんの住居)が増えてきたため、位置を変えて現在の位置になっています。現在の南大門は1436年~1438年(室町時代)に再建されました。

南大門の概要

  • 断面構成は単層
  • 平面構成 桁行三間、梁間二間
  • 屋根 入母屋造り、本瓦葺き

南大門のみどころ
中備え(柱上部の間にある部材)が花肘木になっています。この花肘木は彫刻的で、この南大門のデザインのアクセントになっています。

室町時代らしく柱頭に入っている頭抜の木鼻にも彫刻が施されています。派手さはないですが、中に入る期待を高めてくれます。

奈良後期時代以降は南大門に仁王像が入りますが、古い時代にはこの門には入らずに、中門に仁王像が入ります。

花肘木

花ヒジキと木鼻のスケッチ

西圓堂 国宝 鎌倉時代

階段下から西圓堂をみる 正面と階段の軸が少しずれている

西円堂は境内の北西にあります。1050年(永承五年)に破損し1250年(建長二年)に再建されました。西円堂は円堂といっても、平面形状は八角形で、柱も八角形になっています。

西圓堂の概要

  • 断面構成は単層
  • 平面構成 八角円堂
  • 屋根 本瓦葺き

西圓堂のみどころ

西圓堂は法隆寺の中でも少し高くなったところに建っています。夢殿も八角形で似ていますが、違いとしては、基壇(石の基礎部分)は夢殿よりも低く、高欄もありません。

柱と柱の間の上部は間斗束(けんとづか)で夢殿よりも少しシンプルな構成になっています。

北北西からみる

柱となげしのおさまりスケッチ

柱は八角形で横材と取合ます。柱は太く力強い印象を受けます。宝珠はとてもシンプルで鉄でできています。夢殿の宝珠と比べるととてもシンプルです。

この西円堂から五重塔と金堂が見えます。下の写真は西円堂から撮影しました。伽藍の中からとは違ったアングルで五重塔と金堂が撮影できます。

西圓堂より五重塔・金堂をみる

 

 

三経院・西室 国宝 鎌倉時代

三経院

 

三経院・西室の概要

  • 断面構成は単層
  • 平面構成 梁間正面五間、後方四間
  • 屋根 本瓦葺き 正面中央の向拝は檜皮葺き

三経院・西室は桁行前方七間が三経院、それより後方十二間が西室となっています。次に紹介する聖霊院と前方からみた形はよく似ています。西院伽藍を軸として、聖霊院とシンメトリーのようになっています。ちなみに三経とは、法華、勝曼、維摩の事です。

西室入り口(中にははいれません)

西室では時々講義が行われているようです。何百年も前に作られた建築が今も現役で利用されているのはすごい事だと思います。この写真を撮影した日も講義が行われていました。

聖霊院 国宝 鎌倉時代

聖霊院

 

聖霊院の概要

  • 断面構成は単層
  • 平面構成 梁間正面五間
  • 屋根 本瓦葺き 正面中央の向拝は檜皮葺き

聖霊院の見どころ

この聖霊院の見どころは太子像や、山背大兄王などが安置されている厨子です。太子像の他にも山背大兄王や、高句麗の僧、恵慈法師の像が安置されています。

内部は総漆塗で、唐破風やカエル股など非常に美しい造形になっています。

唐破風は日本最古の唐破風です。内部は写真が撮れませんが、拡大された写真が展示されています。ちなみに御朱印はここで頂けます。

内部厨子唐破風のスケッチ

綱封蔵 国宝 平安時代

 

綱封蔵 南側より

綱封蔵の概要

  • 断面構成は単層、高床式
  • 平面構成 桁行九間、梁間三間
  • 屋根 本瓦葺き

綱封蔵の見どころ

綱封蔵(こうふうぞう)は法隆寺の蔵です。綱封蔵は双倉(ならびぐら)という形式で、古い双蔵としてはこの蔵しかなく、貴重な遺構になっています。東大寺の正倉院も双蔵の形式だったそうですが、今は吹き抜き部分がなくなっています。

綱封蔵は高床式になっているのですが、どっしりとした安定感を感じさせる建物です。ダイナミックで豪快な建物となっています。

綱封蔵 正面のスケッチ

綱封蔵の前は通路になっていて引きがとれないので、スケッチしてみました。

各部のおさまりは簡略化されています。簡略化されているため簡素で力強い印象を受けます。装飾が一切ないため、現代的な雰囲気もあります。

ななめから

食堂 国宝 奈良時代

 

食堂と細殿 奥に見えるのが細殿

食堂概要

  • 断面構成は単層
  • 平面構成 桁行七間、梁間四間
  • 屋根 本瓦葺き

食堂見どころ

綱封蔵を少し行くと食堂があります。食堂は奈良時代後期の国宝です。食堂と並んで細殿があります。この二棟は双堂の形見られる貴重な遺構です。大宝蔵院を目指して歩くとすぐに通り過ぎてしまうので、見たい方は綱封蔵のすぐあとに食堂があるので注意してみてください。ただ生垣と柵があって近くに寄ってみることはできません。

大宝蔵院

大宝蔵院は百済観音像、玉虫の厨子など国宝が盛りだくさんになっています。ここは時間をかけてじっくり見たいところです。私も時間をかけてあまり見たことがないのですが、また時間を作ってゆっくり見てみたいと思います。個人的には、大宝蔵院の入口にある金堂の模型と出口付近にある五重塔の模型、それと実物大の雲肘木がお気に入りです。

まとめ 開門時間 拝観料など

ザックリと私見を交えながら法隆寺の建築を見てきましたが、法隆寺の核になる五重塔、金堂以外でもたくさんの国宝の建築物があります。本当に隅から隅まで見ようと思うと1日ではなかなか時間が足りません。私は5回くらい法隆寺に建築を見にきていますが、来るたびに新しい発見だったり、新しく感じることがあります。また法隆寺に行って新しい発見なりがあればまた更新していきます。

法隆寺へはJR大和路線 法隆寺駅が最寄駅になります。

法隆寺周辺に駐車場があります。

最後に拝観時間と拝観料金を案内しておきます。

  • AM8:00~PM5:00 2/22~11/3
  • AM8:00~PM4:30 11/4~2/21
  • 大人1500円(西院伽藍、大宝蔵院、東院がみれます)
  • 小学生750円

 

人の入らない写真をとろうと思い朝早く行きましたが、今回以外に人がいました。9時くらいになると修学旅行や、団体旅行の人たちが増えてくるので、写真を撮りたい方はできるだけ早くいったほうがいいかもしれません。

西院伽藍の金堂と五重塔についてはこちら↓

法隆寺の建築群の見どころを解説 図解付き 金堂・五重塔・廻廊編

法隆寺の地図