モノクロの思い出

男はハードディスクを整理していた。

そこには撮ったことも忘れていた写真が何枚もあった。

なぜかモノクロで撮った写真が何枚もある。どうしてモノクロなのかは思い出せない。

ここにある写真は一人の男がモノクロで撮った思い出である。しかし男はほとんど覚えていなかった。

※昔なんとなく撮った写真の記事です。暇な人はみてね!

モノクロ写真の数々 建築系

建築をよく見に行っていた。これは慈光院高林庵の合番席から撮った写真。撮ったことは覚えていないが、なかなかいい写真やね!バキッと映ってる。しかし、何のレンズで撮ったかは全く覚えていない。

薬師寺金堂。これもなかなか!多分三年くらい前に撮ったやつ。そのころは露出だ、絞りだはまったくわかっていなかったのに結構とれてる。昔の写真を見返すとけっこうおもしろい。

これはたぶんフォクトレンダー ウルトラワイドヘリヤー12mmっぽい。

神戸の元三井商船ビルディング。この写真は何枚もハードディスクに残っていた。これが一番きれいにとれていた。これも多分薬師寺と同じくフォクトレンダーで撮ったように思う。

南禅寺の水道。これも撮った記憶はないけど、ばっちり写ってる(笑)昔の自分をほめてあげたい。

京都駅ビル。この写真を見て思い出した!このころ(約三年前)はモノクロに一瞬はまっていたときだった。写真を見てその時の気持ちを思い出すのは面白い体験だ。

曼殊院の庭。モノクロって何かを撮っても何となくかっこよくなる不思議。

何故それをとった

なぜか帽子掛けらしきものの写真があった。今みると光が少し射していてきれいだな。残念なことにフックにピントが合っていない(笑)後ろの板に少しだけピントが合っている。でもこの写真なんか好き。

これは大山崎山荘だと思う。テーブルの上の花瓶に枯れた花がそのままになっていた。どこか物悲しい感じを撮りたかったような気がする。ピントもきれいにあっててなかなか雰囲気が出ているな。

窓。階段の踊り場の窓をしたから見たやつ。暗い階段に差し込む光が撮りたかったんだと思う。

モノクロで撮るときは何か物悲しさを表現したかったのか。この写真はこのロッキンチェアに座って外を見ていた人を想像しながら撮った写真なのを覚えている。

その時の感情を思い出した。

唯一の風景

あまりにも風景の写真がないのを、この写真を見て気づいた。どこかの山の中。確か紅葉を見に行った帰りだった。紅葉の季節なのになぜかモノクロ(笑)カラーだったら紅葉が写っていたはず(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA